個人再生のメリット

借金問題 解決

 

・任意整理よりも大きく減額できる。
・住宅ローン以外の返済を減額するので、家を残すことができる。
・借金の理由が浪費やギャンブルでも減額が可能である。

 

個人再生は、債務が5分の1に減額されます。
500万円の借金が100万円になるという大幅な減額効果があり、再建しやすくなります。減額された残りの借金を3年、もしくは5年かけて返済していくものです。

 

さらに住宅ローン特別条項を利用すれば、住宅ローンはそのまま支払いを続けられるため家を処分する必要がないのです。

 

家を守りつつ、借金を減額できるのです。
ただし裁判所の審査が必要なので、再建計画書が重要となります。

 

自己破産の場合、ギャンブルや浪費で出来た借金は債務不履行の免責事由となります。
つまり、借金を帳消しにする理由に当たらない、帳消しにできないということです。
しかし、個人再生はギャンブルや浪費でできた借金でも借金の減額ができるのです。

 

ただ毎月安定した収入がなければ、住宅ローンを払い続けるのも不可能です。
このような場合は個人再生は適用できません。