借金の時効記事一覧

借金には時効が存在します。借金の最後の借り入れ日、もしくは返済最終日から5年経過すると時効となります。そして裁判で判決が出た日から10年となります。じゃあ、借金をしても5年返さなければ返さなくてもいいのでは?と思うかもしれません。しかし、お金を貸してくれた債権者もただただ時効を待つということはしません。訴訟を起こして全額の一括請求を求められれば、判決から10年後に時効が延期されます。さらに、時効は...