借金の時効

借金には時効が存在します。
借金の最後の借り入れ日、もしくは返済最終日から5年経過すると時効となります。
そして裁判で判決が出た日から10年となります。

 

借金の時効

 

じゃあ、借金をしても5年返さなければ返さなくてもいいのでは?と思うかもしれません。
しかし、お金を貸してくれた債権者もただただ時効を待つということはしません。
訴訟を起こして全額の一括請求を求められれば、判決から10年後に時効が延期されます。

 

さらに、時効は時間が過ぎれば成立するというものではありません。時効は中断されることがあります。これを消滅時効の中断と呼びます。
時効が中断されると、時効まで5〜10年延期されてしまうのです。

 

ではどんな時に時効が中断されるのででしょうか?

 

債権者に債権を認められて、裁判になったり差し押えされた場合。
とりあえず返せる分だけ・・・と債務の一部を返済した場合。
個人再生や自己破産などの手続きをした場合。
借金の返済を催促されて、待ってくださいと返す意志を見た場合。
※自分で借金の存在を認めたことになります。

 

そして、たとえ条件通りに時効期間を迎えてもそれで終了ではありません。
時効の期間が経過したら、
次に消滅時効の援用の手続きが必要です。
債権者に配達証明付きの内容証明を郵送して、時効の成立を知らせなければならないのです。

 

簡単には時効を迎えられないようになっていますので、弁護士に相談して計画的に行う必要があります。